スポーツイベント、企業レクリエーション、社内向け福利厚生の企画・運営のJSC

社内運動会、スポーツイベントの企画・運営はJSC

  1. メディア実績
  2. 個人情報保護方針
  3. サイトマップ

企業の皆様

企業の皆様

総務部、人事部、他、一般企業の方へ。

社内スポーツの重要性

世界が激動したリーマンショック以降、日本経済にも不況の波が襲いかかっています。また、東日本大震災による経済打撃は深刻な状況です。
この不況下でコストの見直しが迫られる中、福利厚生の予算を削ってしまう前に、こんな時代だからこそ今一度社員の皆様のことを考えてみてはいかがでしょうか。

同じ企業内であっても、違う部署や支店の社員と交流する機会はなかなか無いものです。会社のイベントですから、スポーツではなくても参加すれば交流の機会はあります。
しかし、社内スポーツの素晴らしいところは、飲み会などでは埋まらない微妙な距離がぐっと縮まるところにあります。
それは役職や上司、先輩の垣根を飛び越え、チーム全員が同じ目線で、同じ目的のために、同じ方向を目指しますので、自然な形でチームワークを結成することが出来るからではないでしょうか。

例えば、社内運動会実施後のアンケート結果を見ても、それは一目瞭然です。

運動会の効果として、社員間交流:28%、モチベーション向上:21%、企業としての一体感(結束力):17%、チームワークの向上:16%、というデータが残っています。

※その他

  • 健康意識向上
  • 団体行動の大切さ
  • 童心に帰れた
  • 仕事以外の発見があった

また

  • 翌一週間は運動会の話題で持ちきりで会社の空気が明るくなった
  • 社内運動会で結束力が高まり、営業成績が向上した
  • 離職率にも影響があった(退職者が減った)

などの声もいただいており、社内運動会を実施したことで、多くの企業様にその効果を感じていただいています。

私たちは、社内スポーツイベントをレクレーションとして楽しむだけでなく、開催目的やテーマを明確にすることで、様々なメリットが見出せると考えています。
その目的が達成できるよう、充実した企画力と経験豊富な運営スタッフで、社内スポーツイベントを成功へと導きます。

社内スポーツのメリット
  • 社員のモチベーション向上
  • コミュニケーション不足解消
  • 他部署との交流作り
  • チームワークの結成
  • 家族を巻き込んだ一体感の獲得
  • 健康増進、メタボリック対策
  • 企業イメージの向上
  • 他社との差別化
  • 離職率の低下
  • 新卒採用の人気向上

福利厚生活性化事業へ